店長ブログ

Anantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン) バスルーム編

こんにちは。

写真はAnantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン)のバスルームになります。部屋同様、バスルームにも広いスペースを割いています。ダブルシンク、シャワーブースあり、こちらの部屋はビューバスでしたが、全ての部屋かどうかは不明です。

公式には37階建てという事ですが、天井の高さもあってか実際には50階くらいに泊まっている感覚です。バスルームはゆったりとしたスペースでお風呂好きの日本人にも満足していただけると思います。

                      

  • 2019.05.26
  • 10:48

Anantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン) お部屋編

こんにちは。

写真はAnantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン)のお部屋になります。部屋の広さは120㎡ほど、2ベッドルームの間取りは家族4人で泊まれます。こちらは元々あったレジデンスをアナンタラが改装をしているようで、全ての部屋がゆったりと作られています。(1ベッドルームでも90㎡はあるようで、全ての部屋にキッチンが付いているとの事です。これより狭い部屋があるのかは不明です)

ホテルでしたらラグジュアリーとまでは言えないですが、レジデンスと考えればバンコク市内でも高級になると思います。ソファーのサイズも大きくキッチン付き、ルームサービスもしっかりしていたのでレストランと変わらないタイ料理が部屋で食べられるんですよ。ホテル自体は市内でも高層、ベランダの柵が低い&隙間が広いので小さなお子さんがいるゲストは注意が必要です。

                     

  • 2019.05.25
  • 17:00

本日よりプレセールスタートです

こんばんは。

本日よりプレセールを行っております。今年は例年より少し早くスタートをしているので、まだまだこれから夏に向けて使えますよね。ヴィオラドーロの新作カゴバッグ~リパーニのフリフリバッグまで全品が対象になっております。

既に多くのお客様にオーダーをいただいておりまして、本日中にお申し込みの方は明日の発送が可能、完売次第追加なしですので是非、お早目にご覧をいただきたいです。(20000円以上は送料無料ですので、まとめ買いがお得です)

                    

  • 2019.05.24
  • 22:45

Anantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン)

こんばんは。

Anantara Sathorn Bangkok Hotel(アナンタラ サトーン)に泊まってみました。場所はその名の通りサトーン、Wホテルやギザギザビルのマハナコーンなどシーロムまでも徒歩10分ほどです。

アナンタラと言えばタイ資本、旗艦ホテルはフォーシーズンズを改装したサイアムでしょうか。テーストとしては同じくタイ発祥のバニヤンツリーホテルグループに似ていますね。

写真はエントランスになります。310室と大型ホテルなのですがフロントのスペースが狭く、常に混み合っています。しかも、駅近という立地ではないので、タクシー待ちのゲストとツアーの迎えのバンが一緒になってより混雑するんですよ。(良いホテルだったので問題はエントランスの狭さだけですね)

次回はお部屋をご紹介します。

                      

  • 2019.05.24
  • 01:38

Pullman Tokyo Tamachi hotel(プルマン東京田町ホテル) KASA

こんばんは。

Pullman Tokyo Tamachi hotel(プルマン東京田町ホテル)のメインダイニングKASAに行ってみました。こちらはバーを除くと唯一のレストランでフュージョン料理という事です。

写真はメインのオージービーフのグリル 八丁味噌のソース、料理全体としては綺麗で丁寧に仕上げています。ピザ釜があるという事でマルゲリータを頼んだのですが、こちらは至って普通、値段も2000円はするのでオーダーをしなくても良いかもしれません。雰囲気は天井も高くゆったりとしていて落ち着きます。ホテルだけあってサービスも良く、次回はブランチで再訪をしようと思っています。

                    

  • 2019.05.22
  • 01:54

ミャンマーで食べるミャンマー料理

こんにちは。

写真はミャンマーの代表的な麺料理モヒンガーです。実はヤンゴンに行ってミャンマー料理はこの1回しか食べませんでした。ヤンゴンの街を歩いていると衛生的に?を感じて現地の料理はすすまなかったんですよね。(現地の料理は当然、現地の食材を使っていると思うので・・・)

写真のモヒンガーはナマズから出汁を取るとの事、多分、ナマズは抵抗がないのですがスープにすると独特なんです。又、隣のタイともインドとも異なるテーストでちょっと難しかったです。(駐在でもしていたらイケるとは思います)衛生面で受け付けなかったのを除けば、味わいは意外にクセが少ない気もするので食べてみると万人向きなのかもしれません。

                    

  • 2019.05.20
  • 15:19

バンコク 白ファミマが便利です

こんばんは。

写真はバンコクのスクンビット通りにある白いファミリーマートです。バンコクは全て白?又は街並みに合わせての白?なのかは不明なのですが、日系のコンビニは使いやすいです。レイアウトや品揃えが日本に近いんですよ。(国によってはカスタマイズされている事も多いですよね)

値段はバンコク市内でしたらどこで買っても変わらないくらい高くはないと思います。(郊外のスーパーなどは使ったことがないので不明なのですが、アルコールやお菓子、カップラーメンは伊勢丹で買ってもコンビニでも変わらないと思います)日本のお菓子も種類豊富に置いてあるので、子供も喜んでいました。ATMあり24時間営業というのも素晴らしいです。

                  

  • 2019.05.20
  • 03:02

ミニバッグがトレンドです

こんにちは。

写真のヴィオラドーロのミニバッグが好評です。昨今はミニはファッションとして流行っていますよね。バレンシアガやルイヴィトンもポーチ型バッグを多く出しています。

こちらの素材はラタン(籐の一種)、底面のビス打ちやハンドル部分のレザー使いが大人が持てるテーストに仕上がっています。レザーストラップが付き2WAY可能なので夏はショートパンツやデニム、ワンピースなどにピッタリ、ご用途としてはレジャーやご旅行にちょっとお洒落感がアップするのではないでしょうか。

価格は18360円(税込み)、2019年の新型でスタッフオススメ商品です。

                       

  • 2019.05.18
  • 15:13

Pullman Tokyo Tamachi hotel(プルマン東京田町ホテル)の館内

こんにちは。

写真はPullman Tokyo Tamachi hotel(プルマン東京田町ホテル)のフロントになります。デスク裏は田町駅のホーム、駅至近の便利な場所にホテルは建っています。

こちらもトレンドのライフスタイルホテルというカテゴリーになるでしょうか。専門用語としての定義は不明なのですが、宿泊特化でレストランがメインダイニングとバーなど最小限、宴会場がなく宿泊で利益を得ているといった感じでしょうか。東京で言えばアンダーズがそのはしり、セントリックやMUJIホテルなど、以前のペニンシュラ東京のように1階からすべで自前のホテルなんて最近は出来ないですね。

良くも悪くもアコーらしい軽さというか使い勝手は良さそうです。次回はレストランのご紹介になります。

                    

  • 2019.05.17
  • 14:46

Wyndham Grand Yangon Hotel(ウィンダムグランド ヤンゴン) バスルーム編

こんにちは。

写真はWyndham Grand Yangon Hotel(ウィンダムグランド ヤンゴン)のバスルームになります。部屋の3分の1を占めるバスルームは広々としています。次に泊まっていたストランドホテルの倍のスペースはあるので新しいホテルは良いですね。

天井が高く大型のレインシャワー、バスタブも大きくお湯がオーバーフローしても安心の作りです。問題と言えばお湯に少し濁りがある、アメニティーがホテルオリジナルで安っぽいくらいでしょうか。シャンプーなどはロクシタンのような高級品ではなく、オリジナルで質が良くなかったので女性は気になると思います。全体的な質感はヤンゴンのホテルの中でも最も高く、ホテルの作り同様ラグジュアリーな雰囲気でした。

                   

  • 2019.05.16
  • 11:34

店長ブログ

こんにちは。店長の清原です。
SOLD OUT商品の再入荷等、お気軽
にお問い合わせくださいませ。



カレンダー
  • 今日

定休日なし(元旦のみ休み)

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ