店長ブログ

白金台 THE TENDER HOUSE DINING(ザテンダーハウスダイニング)

こんにちは。

白金台のTHE TENDER HOUSE DINING(ザテンダーハウスダイニング)に行って来ました。場所は南北線白金台駅から徒歩3分、プラチナ通り沿いにあります。オープンテラスもある店内は朝食からディナーまで営業をしているという事です。

写真は白身魚のグリル、身が厚く食べごたえがありました。ランチの客層は女性でいっぱいで女性が好む軽めの味付けにしているのかもしれません。8名くらいのグループのテーブルには大皿でサーブしていたので、そういった対応もしてくれるようです。

場所はプラチナ通りの真ん中でお洒落な内装、そして席数が多くグループでの対応も可能と幅広い層にオススメのレストランです。

                      

  • 2017.10.23
  • 11:29

ミラノの気候

こんにちは。

写真はミラノのブランドストリート、スピガ通りになります。展示会に行った9月中旬のミラノの気候が日本と異なるのは朝晩は寒いくらいに冷え込むんですよ。日本は10月1週目までは28度くらいまで上がりましたが、ミラノは天気が良いと日中は25度くらい朝晩は15度ほどしかありません。ファッション的に言えば9月初旬からブルゾンを羽織る、9月中旬からニット、ブーツを履く、9月中旬以降はコートの購入を検討するという流れになります。(ミラノの方のブーツはファッションとして履いてます→暑い日は短パン+ブーツもアリです)

今の日本っていつまでも暑いので四季の変化があるミラノは羨ましいですね。(日本は春秋が短く、春夏と言われる季節が7、秋冬が5か月の区分ではないですか)次回はショッピングストリートのご紹介です。

                       

  • 2017.10.22
  • 14:12

PARK HYATT SAIGON(パークハイアットサイゴン) Square One

こんにちは。

写真はPARK HYATT SAIGON(パークハイアットサイゴン)のSquare Oneレストラン、アジア料理を中心に寿司バーからグリル料理まであります。オープンキッチンのスタイルはハイアットらしいですね。

前菜にソフトシェルクラブの炒め物を頼んでみました。ガーリックとソフトシェルクラブをカリカリに揚げ、香草と玉ねぎで和えています。ホテルだけあって街のレストランの炒め物とは食材から香りまで異なります。今回のベトナムの旅の中でも最も美味しかったレストランな気がします。釜で焼いて出て来る自家製のパンも良かったです。(手前の小皿はパンに付けるオリーブのソースです)

キッズメニューも充実していたのでファミリーにもオススメです。

                      

  • 2017.10.21
  • 11:08

Novotel Phu Quoc Resort(ノボテル フーコックリゾート)のレストラン

こんにちは。

Novotel Phu Quoc Resort(ノボテル フーコックリゾート)にはオールデイダイニングのFOOD EXCHANGEとPHU QUOC SEAFOOD RESTAURANTの2軒+フロントとビーチ前にバーがあります。

FOOD EXCHANGEはフランフランのような明るいインテリア、かなりのスペースをとりアウトドアのシートまであるのですが席待ちが出るほど混雑していました。(最近のアジアンリゾートって無印+フランフランのようなテーストのインテリアはよく見ます)ゲストが多い分、ホテルのランク以上に朝食の内容、種類共に充実していました。

写真はSEAFOOD RESTAURANTのディナーでオーダーをした前菜の揚げ春巻きになります。雰囲気は蓮池を周りに囲むモダンベトナミーズといったインテリア、個室も多いようで接待やパーティーにも使われていました。店内は生け簀があり生きたままの魚や貝を愉しむことが出来ます。ノボテルのレストランは海に近いという事もあってかシーフードを頼んでおけば間違いがないですね。次回はビーチ前にあるプールのご紹介です。

                  

  • 2017.10.20
  • 11:48

北京国際空港 小腹がすいた時にオススメです

こんにちは。

写真は北京国際空港の第3ターミナル到着出口付近にある麺料理店です。(いつも第3ターミナルに降りるので、日本からの到着便はこちらになるのかなと思います)ちょっと小腹がすいたので2時間後にホテルで食べるか、こちらで済ますかを考え選んでみました。上の出発階はレストランが多いですが、到着階は見渡す限りファストフードとスタバのようなカフェ、そして麺料理しかありませんでした。

味はほどほどでしょうか。鴨出汁ラーメンで大きな鴨肉が載っているのはめずらしいですね。市内の北京ダック屋ではこういったラーメンが〆に出てきます。白濁したスープは薬味がない事もあり少しにおい、そこが北京に来た感じもあり気に入りました。ちょこっと載っている生ハムのような肉は美味しく、日本でも出して欲しいです。(スープにこんなハムも使っているんだよ的なアピールを感じました)

現地の空港職員も多く来ていたので地元の方の口に合う本場の味付けなのかもしれません。いくつかしかないチョイスの中ではオススメの麺料理屋でした。

                      

  • 2017.10.19
  • 13:27

Grand Hyatt Sanya Haitang Bay Resort and Spa(グランドハイアット三亜) クラブラウンジ

こんにちは。

写真はGrand Hyatt Sanya Haitang Bay Resort and Spa(グランドハイアット三亜)のクラブラウンジになります。フードの内容は前回、ご紹介をしたグランドハイアットマカオに比べますと質量共に半分ほどなのですが、ゆったりとした空間と雰囲気は素晴らしかったです。(マカオの30%ほどしかラウンジにゲストがいません)

写真は軽食が出されているテーブル、印象に残るものはないもののお酒のあてには充分です。他のハイアットにはない点ではアウトドアのシートについては世界で最も広く、ルーフトップバーとしても営業できそうなほどのテーブルとソファーシートがありました。建物の最上階に位置するので眺めは絶景、三亜ではクラブルームがオススメです。

                       

  • 2017.10.18
  • 09:41

リアルファーバッグ好評です

こんにちは。

ヴィオラドーロのファーバッグが好評です。そろそろ冬支度という季節ですよね。今年のファーはラビット(ウサギ)、フォックス(キツネ)、そして写真のラクーン(タヌキ)を使用しています。

ヴィオラドーロのファーバッグの特徴は大人が持てるデザインに仕上がっている点です。バッグはエイジレスではありますが、お洋服はキレイ目はもちろんデニムにファーバッグをさらりと合わせるのもお洒落ですよね。それに価格がリアルファーが付きながら3万円台というのも魅力です。

既にWEB SHOP上で「2018年ご予約受付中」のカラーもあり、こちらは年内の再入荷はございません。(KIYO、ヴィオラ社ともにストックがなく完売になっております)是非、カラーが選べる間にご覧をいただきたいです。

                   

  • 2017.10.17
  • 21:25

蟻月(ありつき) 池袋東武店

こんにちは。

池袋東武にある蟻月に行って来ました。蟻月と言えば恵比寿に本店があるもつ鍋の名店、ランチの営業をしているのは関東では池袋東武とソラマチのみになります。

写真の水炊き定食をオーダーしてみました。以前、代官山の店舗は水炊き専門店だったのですが閉店をしてしまった為、こちらも都内では池袋東武とソラマチでしかメニューにありません。

味は流石の仕上がりですね。博多風の水炊きというより豆乳が入っているのではないかと思うほど濃厚、野菜によって鶏ガラのくさみはとれています。(博多の水炊きの独特の風味も好きです)蟻月だけあってお扶や豆腐までぬかりなし、小鉢のうなぎや胡麻和えも酒がすすみますね。(こういったお店は酒の進み具合が旨さのバロメーターです)どちらもの店舗も生活圏からは離れているのですが、定期的に食べたくなる味わいです。

                       

  • 2017.10.16
  • 11:50

ミラノ ファッションウィークスタートです2

こんにちは。

写真はミラノで行われたバッグとシューズの展示会場の様子になります。真ん中は無料のバイヤー用の休憩処でコーヒーやクッキーが食べられます。今年は初めての企画としてファッションスクエアというコーナーがあり、プラダやグッチ、フェラガモやセルジオロッシなどが今秋冬の新作をブースを使ってディスプレーをしていました。(購入は出来ません)流石にラグジュアリーブランドだけあってブース自体もブティック同様作り込んでいます。

昨今のラグジュアリーブランドの不況もありレザービジネス全体を盛り上げていこうという事でしょうか。(今回の企画がどのような意図があったのかは不明です)素材の取り方や作りのディテールを見る機会としては勉強になりました。

                        

  • 2017.10.15
  • 11:48

PARK HYATT SAIGON(パークハイアットサイゴン)のレストラン

こんにちは。

PARK HYATT SAIGON(パークハイアットサイゴン)にはオールデイダイニングのオペラ、ロビーフロアにある吹き抜けが印象的なパークラウンジ、そして写真のスクエアワンがあります。デザインは日本のスーパーポテト、ハイアットは世界的にレストランの運営が抜群に上手いです。(パークハイアット東京のニューヨークグリルもステータスを保っていますよね)

オープンキッチンの店内は手前よりグリル料理、真ん中が寿司を含むローフィッシュ、奥がベトナムが中心のアジア料理になります。ゲストが少ない時に写真を撮ったつもりですが店内はほぼ満席、西洋人のグループ、会社の接待、手前は女子会を行っていました。次回は料理をご紹介致します。

                     

  • 2017.10.17
  • 20:43

店長ブログ

こんにちは。店長の清原です。
SOLD OUT商品の再入荷等、お気軽
にお問い合わせくださいませ。


ショップ情報

〒152-0035
目黒区自由が丘2-18-11 [MAP]
TEL/FAX 03-6459-5724
営業時間 11:00~20:00
定休日:なし

カレンダー
  • 今日

定休日なし(元旦のみ休み)

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ