店長ブログ

Grand Hyatt Chengdu(グランドハイアット成都)

こんにちは。

成都ではGrand Hyattに泊まっていました。大手ホテルチェーンの安心感はありますね。(中国の地方都市の4つ星クラスになるとサービスや言葉の通じるレベルがかなり下がります)客室は390室と多いですが、ビル自体が細いのかパブリックスペースはこじんまりとしています。

写真はフロントデスク前のラウンジ、インテリアのデザインはニューヨークのトニーチーです。ハイアットを含め、昨今、最も旬なインテリアデザイナーでアンダーズ東京やパークハイアット上海もデザインをしています。特徴としてはコンテンポラリーグラマラスといった感じでしょうか。メタリックなランプにミッドセンチュリーな家具、ピカピカ光る馬の置物に生花・・・トニーチーのもう1つの特徴は意外に部屋のインテリアは落ち着いていてビジネスエグゼクティブ好みなんです。次回はお部屋をご紹介致します。

                    

  • 2018.04.19
  • 13:56

オスロの気候

こんばんは。

2月中旬のオスロは想像をするほど寒くはありません。最低がマイナス3、最高が0度ほどでしょうか。(地図で見ると上にあるのでもっと寒いのかと思いますよね)それほど寒くないのは暖流の関係のようです。地図上にある三都市オスロ、ストックホルム、ヘルシンキはほぼ同じ気温、コペンハーゲンは海を渡るとオランダなので空港にも雪が降っていませんでした。

写真は市内の街並みです。寒さだけでいったら同じEU内でもウィーンやワルシャワなど内陸は厳しいです。最高気温が0度にいかないとかなり寒さを感じます。(昨年、行ったワルシャワは最高マイナス5、最低気温がマイナス15度で30分は外にいられなかったです)冬場にお日さまが見られないのは日本で生活をしているとむしろ新鮮でしょうか。人がほとんどいないという意味では冬の北欧旅行もオススメです。

                        

  • 2018.04.18
  • 19:32

ミラノ 足元はデコラティブに

こんばんは。

写真はミラノのサンタンドレア通りにあるCASADEIのブティック、大胆な柄のシューズが目を惹きますよね。ミラノのウィンドーディスプレーを見ていると、いわゆる「デコラティブ=装飾的」な商品は多いです。トレンドでもありインスタ映えするというのもあり、SPA(ザラやH&M)がマネしにくい領域という事もあるでしょう。プラダやグッチ、ドルチェ&ガッバーナのブティックも同様でした。

カサデイのシューズを見返すと数年前だったら少し派手すぎるかなとも感じますが、最近は目が見慣れてきたのか綺麗めなセンタープレスのパンツやトレンドのショートパンツに合わせるのも今年っぽいですよね。バッグや巻物でも良いですが、スタイリングのしやすさではシューズがオススメです。

                   

  • 2018.04.18
  • 16:26

Park Hyatt Beijing(パークハイアット北京) お部屋編

こんばんは。

写真はPark Hyatt Beijing(パークハイアット北京)のお部屋になります。広さは45㎡ほどでしょうか。全体的にはパークテイストなのですが、上海や東京とも雰囲気が異なります。(他のパークより木や石を使う事によって落ち着くインテリアです)

特徴的なのは入り口すぐにバスルームがある間取りでグアムのデュシタニほどではないですが斬新ですよね。少し硬めのマットレスは好みが分かれるでしょうか。北京なので眺めというほどの景色もないですが周りのビルとの間隔もあり、部屋は高層階に位置しているのでヌケ感はあります。次回はバスルームのご紹介です。

                     

  • 2018.04.15
  • 20:13

InterContinental Sanya Resort(インターコンチネンタル三亜リゾート)のレストラン

こんばんは。

InterContinental Sanya Resort(インターコンチネンタル三亜リゾート)にはさまざまなレストランがあります。水上に浮かぶ中華料理のSEA PAVILION、オールデイダイニングのMEDITERRANEO、アジア料理のASIAN VILLAGE、ロビー横のHAI LOUNGE、めずらしいのはホテル内に醸造施設があるBEER FACTORY、そして写真のBEACH BARになります。

ビーチバーはその名の通りビーチ前に位置するバー、斬新なインテリアですよね。ホテルのホームページで見た時には行ってみようかなと思っていたのですが、実際に見ると暑そう?飲みにくそう?と感じてやめました。この中に入るとドリンクが飲みにくそうですよね。しかも、人と話す時にはシートから顔を出さないと聞こえなそうです。中国の方にはインスタ映えするからか結構にぎわっていました。

次回はアウトドアプールのご紹介です。

                     

  • 2018.04.14
  • 00:03

カゴバッグ入荷しました

こんばんは。

ヴィオラドーロのカゴバッグが入荷しました。昨年よりご予約をいただいている方にはお待たせ致しました!継続の型のリオーダーを含めて、今年は型、カラー共に買い付けを増やしています。そろそろ気温も上がってカゴバッグを洋服に合わせたくなる季節が近づいて来ましたよね。

写真は今季の新型になります。ハンドルがドレッシーな仕上げで自由が丘的にはお出掛けにピッタリではないでしょうか。商品をご予約中のお客様には昨日、すべての方に入荷連絡済み。もしまだ連絡がないという方は再度メールホルダーの確認をお願いします。新型のアップは1週間以内には完了しますので愉しみにお待ち下さい。

                        

  • 2018.04.12
  • 20:00

溝の口 ラーメン泪橋(なみだばし)

こんにちは。

溝の口のラーメン泪橋(なみだばし)に行ってきました。場所は東急田園都市線溝の口と高津駅の間、両駅共に徒歩8分ほどでしょうか。

写真は名物のマンモスラーメン大盛りになります。(名前ほど量は多くありません)メニューには通常の醤油ラーメンもありますが、お客さんの80%はマンモスのオーダーです。麺は中太のボキボキっとした食感、スープはかなり濃く醤油っぽいものが食べたい時にはピッタリです。上に掛かっている鰹節がスープに混ざるとダブルスープのようになり旨みが増します。見た目は二郎っぽいのですが、チャーシューの感じと鰹節が載る事もあって二郎とは異なりますね。営業はランチタイムのみです。

                        

  • 2018.04.11
  • 12:08

麗江の気候

こんにちは。

雲南省にある麗江の気候は東京と比べると冬は3度ほど暖かく、夏は5度くらい涼しいという事です。旅行のベストシーズンは3~5月頃、旅行をしていた3月は最低5最高気温が20度ほどでした。湿気もなくLAのような過ごしやすさなんですよ。麗江は標高が高いので朝晩は冷え込みます。(省都の昆明は3月になると最低気温が10度はあります)

写真はホテルの敷地から山側を眺めています。大気汚染が酷い中国でも麗江まで来ると空気が綺麗ですね。山の上に行くには酸素ボンベが必須なんてガイドに書かれてあったのですが、標高2300メートルの市内でも滞在中頭が痛かったです。(2300メートルって高山病になるのでしょうか・・・)次回は麗江市内のご紹介です。

                       

  • 2018.04.09
  • 15:35

麗江に行って来ました

こんにちは。

中国の麗江に行って来ました。麗江は雲南省にありチベットの手前、風光明媚な景勝地なんですよ。今回は北京からの直行便で入りましたが、中国国内からは成都か重慶からのフライト数が多く、日本からでしたら成都から乗り継ぐのが便利です。(雲南省の省都の昆明へは日本から大手キャリアの直行便はありません)

写真はホテルから眺める景色、正面には有名な玉龍雪山が見えます。麗江は空港が標高2300メートルのところにあり、玉龍雪山は真夏でも雪が掛かっているという事です。次回は市内のご紹介を致します。

                    

  • 2018.04.08
  • 14:23

成都のホテル選び

こんばんは。

四川省の省都、成都にはラグジュアリーホテルの多くが進出しています。リッツカールトン、ヒルトン、シャングリラ、JWマリオット、ケンピンスキー、セントレジス・・・日本にはないホテルでは出来たばかりのウォルドルフアストリア、フェアモント、キャセイパシフィックのスワイヤーグループが運営をしているテンプルハウスや郊外の山の中にはシックスセンシズまであります。

写真は今回泊まっていたグランドハイアット成都、オープンをして3年ほどの新しいホテルです。ホテルと仕事場の行き来しかしていないので街の感じを掴めていないのですが、周りには高級ショッピングモールのIFCや太古里、伊勢丹やイトーヨーカドーまで徒歩圏だったので街の中心部、又は新しい開発区だと思います。ハイアットの下にもデパート、周りにはスターバックスなど飲食店も多く繁華街の中心に建っていました。次回は館内のご紹介です。

                        

  • 2018.04.07
  • 19:57

店長ブログ

こんにちは。店長の清原です。
SOLD OUT商品の再入荷等、お気軽
にお問い合わせくださいませ。


ショップ情報

〒152-0035
目黒区自由が丘2-18-11 [MAP]
TEL/FAX 03-6459-5724
営業時間 11:00~20:00
定休日:なし

カレンダー
  • 今日

定休日なし(元旦のみ休み)

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ